なんでもいいや

5chのまとめだよ。

カテゴリ: 東アジアnews+

パンツルックの制服を着た女子学生のイラスト
米電気自動車大手テスラCEOのイーロン・マスク氏がした“日本は消滅する発言”が大きな波紋を呼んでいる。

 マスク氏は「当たり前のことを言うようだが」と前置きをした上で、「出生率が死亡率を超えなければ日本は最終的に消滅する。これは世界にとって大損失になるだろう」とツイートした。日本は出生率低下による人口減少により消滅するというのだ。

 少子化による人口減少問題については、かねて、これまでも多くの識者が問題視してきたが、人口減少による“日本消滅”に拍車をかけていることもあるのではないか。それは日本が他国が講じているような移民政策をとっていないということ。

 実際、世界的投資家のジム・ロジャーズ氏も移民政策をとらない日本のことを懸念し、“日本消滅”について言及していた。

「30年後も、50年後も、70年後も、子供を増やさず、外国人も受け入れないままだとしたら、日本は消滅してしまうでしょう」

中国人や韓国人が嫌いでしょう?
 “日本消滅”の背後には、日本の人々の外国や外国人に対する考え方、マインドセットが横たわっているような気がする。

 筆者がそう考えるのは、これまで取材してきた米国の投資家や識者から、そのマインドセットについて、度々指摘されてきたからだ。それは、控え目に言うなら外国や外国人に対する日本の“閉鎖性”であり、歯に衣着せず言うなら日本の“外国人恐怖症”とでもいうべきマインドセットだ。

 例えば、ヘッジファンド・マネージャーとして著名なカイル・バス氏はそれについて筆者にこう話した。

 「日本の人口は、2040年には1億人余りなると予測されています。加速度的に人口減少が起きることになります。その背景には、日本が“外国人恐怖症”で、移民政策をとっていないという問題があります。もっとも、移民政策をとったとして日本は誰を移民させるでしょう? 私にはわかりません。だって、中国人や韓国人のことが嫌いでしょう?」

 また、前述のロジャーズ氏もこんな見方をしていた。

 「日本人に『外国人を受け入れるか、それとも、外国人を受け入れるくらいなら日本が消滅した方がましか?』と聞いたら、彼らは『日本が消滅した方がまし』と答えるでしょう。韓国人や中国人、フィリピン人で日本がいっぱいになるよりは、日本が消滅した方がましと考えている日本人が多いのではないでしょうか。それが日本人の考え方のように思います」

 実際、非営利シンクタンク「言論NPO」が昨年行った世論調査でも、日本人の中国に対する印象は良くないままだ。同サイトは「冷え込んでいた日本国民の対中意識に改善はなく、中国へのマイナス印象は9割を越え、現状の日中関係を「良い」と思う人は2.6%に落ち込みました」と分析している。

 また、韓国ついても、48.8%が韓国に良くない印象を持ち続けている。

 ロジャーズ氏は日本の人々に「外国人のことを恐れないでほしい」とアドバイスしているが、長年の間培われた外国人に対する意識は、おいそれとは拭い去れるものでもないだろう。

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukamakiko/20220515-00295968
前スレ
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1652599497/
... もっと読む

休猟区の看板のイラスト
米テキサス州ダラスのコリアンタウンの美容院で3人の韓国系女性が銃撃に遭ったと、NBCなどが12日(現地時間)、報じた。韓国系が経営するこの美容院には事件当時、従業員3人、客1人の韓国系の女性4人がいた。

 

ダラス警察は前日、記者会見を行い、「11日午後2時20分、上下黒色の服を着た黒人男性が美容院のドアを開けて入ってきて発砲し、女性従業員3人が負傷した」とし、「まだ(アジア人に対する)憎悪犯罪(ヘイトクライム)という明確な証拠は発見できていないが、可能性を排除しない」と話した。病院に搬送された被害者は命に別状はないという。ダラス警察は、防犯カメラに映った容疑者と逃走車両を公開して追跡している。

米連邦捜査局(FBI)ダラス支局も同日、「警察の捜査を支援し、連邦の次元で犯罪容疑が見つかれば、すぐに捜査に入る」と明らかにした。テキサス州法によると、銃撃犯罪は懲役2~20年の2級重犯罪だが、憎悪犯罪と判断されると1級重犯罪となり、懲役5~99年の処罰を受ける。

 

フォートワース韓人会は12日、声明を出し、「このような憎悪犯罪でダラスが地域や全国ニュースのヘッドラインを飾ることになり残念だ」とし、「憎悪犯罪に対してアジア系米国人が積極的に声を出してほしい」と呼びかけた。

米国でアジア系に対する憎悪犯罪は最近1~2年の間増加している。昨年、ジョージア州アトランタでは20代の白人男性がアジア人が経営するマッサージ店3ヵ所を銃撃し、韓国人4人などアジア系女性6人が死亡した。米調査機関ピュー・リサーチセンターの最近の調査によると、アジア系米国人の63%は自身を対象にした犯罪が増加していると感じていると答えた。


任寶美 bom@donga.com

https://www.donga.com/jp/article/all/20220514/3381682/1

前スレ
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1652575741/
... もっと読む

いろいろな置き配をする配達員のイラスト
┃「滞った花代」発言、今も反省・・・「大韓民国を滅ぼす一番の主犯は言論」

(写真)
http://img.tf.co.kr/article/home/2022/05/14/202261771652493688.jpg
▲ 13日に辞任した大統領室のキム・ソンフェ元宗教多文化秘書官が14日、自身と関連して物議を醸した日本軍慰安婦被害者に対しては今も反省していると謝罪しながらも、朝鮮時代の女性の半分が性的快楽の対象だったという発言に対しては真実だと改めて主張した。
_______________________________________________________

13日に辞任した大統領室のキム・ソンフェ元宗教多文化秘書官が14日、自身と関連して物議を醸した発言などに対して重ねて反論を提起した。

キム元秘書官は13日、「ユン・ソクヨル大統領に迷惑をかけないために自ら辞任する」と明らかにした。その後SNSに、「私に対する多くの誤解があるが、すぐに私の真正性と真実が伝わることを願います」と述べた。

14日、キム秘書官は3つの文章で物議を醸した内容について積極的に反論した。ただし、日本軍慰安婦被害者たちに関連した蔑視する発言については、依然として反省しているという。彼は、「いくら個人間の論争だとしても・・・、慰安婦ハルモニたちの痛み伴う傷口に塩まで塗る “滞った花代” という表現を使ったことについては・・・、今も反省します」と謝罪した。

だがしかし、キム元秘書官は同性愛と朝鮮時代の女性たちに関連した議論の発言については反論した。

彼は、「同性愛は喫煙のように治療ができるという釈明の発言。自閉症児にも先天性の自閉症児がいれば後天性の自閉症児がいる。先天的自閉症児は治療が難しいが、後天的自閉症児は早期に発見されれば治療が可能である」とし、「同性愛が望ましいかと助長すべき問題ではない。先天的でない後天的同性愛を本能と勘違いしている人々、喫煙が本能ではないように、また喫煙する人々が病気ではないように同性愛は治療できるということだ」と説明した。

キム元秘書官はまた、朝鮮時代の女性の半分が性的快楽の対象だったという言葉についても、「真実だ」と強調した。

彼は「奴婢(ノビ)は一賤則賤という奴婢従母法によって莫大に増えた。 統一新羅時代の清州(チョンヂュ)の戸口調査では奴婢は2~4%に過ぎず世襲でもなかった。地方士大夫が大きく成長した高麗末期でも、その割合は10%未満だった」とし、「奴婢従母法は世祖(セヂョ)の時代にしばらく変わるが、成宗(ソンヂョン)の時代に完全に定着した。その後、朝鮮は42%前後の奴婢が存在する社会になった。これは1909年に日本が民籍法を施行して、姓氏を配るまで続いた」と述べた。

彼は続けて、「日帝が1909年に戸口調査をして姓氏を配った際、姓氏を持っていない人口が42%だった。 それを見れば、朝鮮後期に姓氏を売買していた空名帖が一般化した後も、どれほど多くの人たちが奴婢の身分だったのかが分かる。我々の恥ずかしい歴史を振り返ることは、我々の歴史を侮辱することではない」と付け加えた。

キム元秘書官は、「自分の間違った過去を反省するのは自虐ではなく、自己発展と成長の基礎だ」とし「李承晩(イ・スンマン)が朝鮮王朝を強く否定し、朴正熙(パク・ヂョンフィ)が朝鮮の習性を強く変え、大韓民国は隆盛に発展してきた。ガリレオの口を塞いでも地球は回ると話したのだ。なぜ不愉快であると真実に背を向けるのか?それは麻薬に酔うだけで発展の道ではない」と主張した。

また彼は、自身の発言をめぐる論議を言論(メディア)のせいにした。キム元秘書官は、「私は大韓民国を滅ぼす一番の主犯はジャーナリストであると確信している」と述べた。

彼は、「言葉に耳を持たず、真実に背を向け、歪曲編集して人々を誤解させて間違わせる、それが大韓民国のジャーナリストたちの最も大きな過ちだ」とし、「政治家たちは国民を分裂させるが、ジャーナリストたちは国民の考えを歪めて低能児にする。だからこそ大韓民国のジャーナリストが国家を滅ぼす一番の主犯であり、政治家が第二の主犯だと思う」と強調した。

ソース:ザ・ファクト(韓国語)
http://news.tf.co.kr/read/ptoday/1938307.htm
... もっと読む

水泳のヘルパーのイラスト
韓国と日本を歴訪するバイデン米大統領には大きな課題がある。悪化した韓日関係の改善だ。これは北東アジアの安定に向けた韓日米安全保障協力の必須要素となる。しかし韓日関係は現在、強制徴用賠償と慰安婦および歴史歪曲など過去の問題で最悪の状況を免れなくなっている。

バイデン大統領が韓日両国を訪問するのもこれと無関係でない。両国指導者との会談では、いかなる形であれ関係改善を促すと専門家らはみている。「アジア再均衡」政策でアジアを重視したオバマ政権も2015年の韓日慰安婦合意当時に水面下で関与した。韓日関係が悪化すれば安全保障の側面で弱点になるからだ。

今でも状況は変わらない。北朝鮮の核の脅威に効果的に対応するためには韓日米の安全保障体制が必要だというのが米国の判断だ。域内の覇権を握ろうとする中国を牽制するためにも3カ国の緊密な協力は欠かせない。米国の立場では、インド太平洋戦略の枠組みの中で脅威となる北朝鮮と中国を抑止するためには、韓日関係の正常化でこそが最も基本的な前提条件ということだ。

これに関連し、岸田文雄首相が9日に「日韓の間には難しい問題が存在するがこのまま放置することはできない」と述べたのに続き、翌日に松野博一官房長官も「尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領のリーダーシップに期待している」と明らかにした。尹大統領の就任をきっかけに韓日首脳は親書も交わした。

李元徳(イ・ウォンドク)国民大教授は「尹錫悦政権になっても日本の立場に変化はほとんどない状況」とし「韓日関係の改善のために政府が直接動くよりも民間委員会などに懸案解決案を委託した後、その決定に基づく形式が効果的かもしれない」と話した。

バイデン大統領のアジア訪問をきっかけに米国・日本・オーストラリア・インドの安保協議体「クアッド(Quad)」に対する関心も高まっている。4カ国首脳は24日に東京でクアッド首脳会議を開く予定だ。尹大統領も大統領候補時代、クアッド傘下のワクチン・気候変動・新技術ワーキンググループ(作業部会)に出席して段階的に正式加入を模索すると明らかにした。

しかし韓国とクアッドの協力強化は容易でない見通しだ。これには加盟国の積極的な協力が必要だが、日本は韓国を牽制していて、インドも中立外交を堅持しているからだ。米ホワイトハウスのサキ報道官も韓国のクアッド合流の可能性について「クアッドはクアッドのままに維持される」とし、慎重な反応を見せた。

こうした状況で21日に開催される韓米首脳会談で、バイデン大統領が尹大統領のクアッド発言にいかなる反応を見せるかに関心が集まっている。AP通信は「中国とロシアがウクライナ戦争などで協力を強化する中、周辺国も対応策の用意に苦心している」とし「クアッドも代案の一つになる可能性がある」と分析した。


https://japanese.joins.com/JArticle/291032?servcode=200§code=210

前スレ
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1652514729/
... もっと読む

クイズの早押しボタンのイラスト
韓国と日本を歴訪するバイデン米大統領には大きな課題がある。悪化した韓日関係の改善だ。これは北東アジアの安定に向けた韓日米安全保障協力の必須要素となる。しかし韓日関係は現在、強制徴用賠償と慰安婦および歴史歪曲など過去の問題で最悪の状況を免れなくなっている。

バイデン大統領が韓日両国を訪問するのもこれと無関係でない。両国指導者との会談では、いかなる形であれ関係改善を促すと専門家らはみている。「アジア再均衡」政策でアジアを重視したオバマ政権も2015年の韓日慰安婦合意当時に水面下で関与した。韓日関係が悪化すれば安全保障の側面で弱点になるからだ。

今でも状況は変わらない。北朝鮮の核の脅威に効果的に対応するためには韓日米の安全保障体制が必要だというのが米国の判断だ。域内の覇権を握ろうとする中国を牽制するためにも3カ国の緊密な協力は欠かせない。米国の立場では、インド太平洋戦略の枠組みの中で脅威となる北朝鮮と中国を抑止するためには、韓日関係の正常化でこそが最も基本的な前提条件ということだ。

これに関連し、岸田文雄首相が9日に「日韓の間には難しい問題が存在するがこのまま放置することはできない」と述べたのに続き、翌日に松野博一官房長官も「尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領のリーダーシップに期待している」と明らかにした。尹大統領の就任をきっかけに韓日首脳は親書も交わした。

李元徳(イ・ウォンドク)国民大教授は「尹錫悦政権になっても日本の立場に変化はほとんどない状況」とし「韓日関係の改善のために政府が直接動くよりも民間委員会などに懸案解決案を委託した後、その決定に基づく形式が効果的かもしれない」と話した。

バイデン大統領のアジア訪問をきっかけに米国・日本・オーストラリア・インドの安保協議体「クアッド(Quad)」に対する関心も高まっている。4カ国首脳は24日に東京でクアッド首脳会議を開く予定だ。尹大統領も大統領候補時代、クアッド傘下のワクチン・気候変動・新技術ワーキンググループ(作業部会)に出席して段階的に正式加入を模索すると明らかにした。

しかし韓国とクアッドの協力強化は容易でない見通しだ。これには加盟国の積極的な協力が必要だが、日本は韓国を牽制していて、インドも中立外交を堅持しているからだ。米ホワイトハウスのサキ報道官も韓国のクアッド合流の可能性について「クアッドはクアッドのままに維持される」とし、慎重な反応を見せた。

こうした状況で21日に開催される韓米首脳会談で、バイデン大統領が尹大統領のクアッド発言にいかなる反応を見せるかに関心が集まっている。AP通信は「中国とロシアがウクライナ戦争などで協力を強化する中、周辺国も対応策の用意に苦心している」とし「クアッドも代案の一つになる可能性がある」と分析した。


https://japanese.joins.com/JArticle/291032?servcode=200§code=210

前スレ
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1652521014/
... もっと読む

茶巾寿司のイラスト2
韓国と日本を歴訪するバイデン米大統領には大きな課題がある。悪化した韓日関係の改善だ。これは北東アジアの安定に向けた韓日米安全保障協力の必須要素となる。しかし韓日関係は現在、強制徴用賠償と慰安婦および歴史歪曲など過去の問題で最悪の状況を免れなくなっている。

バイデン大統領が韓日両国を訪問するのもこれと無関係でない。両国指導者との会談では、いかなる形であれ関係改善を促すと専門家らはみている。「アジア再均衡」政策でアジアを重視したオバマ政権も2015年の韓日慰安婦合意当時に水面下で関与した。韓日関係が悪化すれば安全保障の側面で弱点になるからだ。

今でも状況は変わらない。北朝鮮の核の脅威に効果的に対応するためには韓日米の安全保障体制が必要だというのが米国の判断だ。域内の覇権を握ろうとする中国を牽制するためにも3カ国の緊密な協力は欠かせない。米国の立場では、インド太平洋戦略の枠組みの中で脅威となる北朝鮮と中国を抑止するためには、韓日関係の正常化でこそが最も基本的な前提条件ということだ。

これに関連し、岸田文雄首相が9日に「日韓の間には難しい問題が存在するがこのまま放置することはできない」と述べたのに続き、翌日に松野博一官房長官も「尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領のリーダーシップに期待している」と明らかにした。尹大統領の就任をきっかけに韓日首脳は親書も交わした。

李元徳(イ・ウォンドク)国民大教授は「尹錫悦政権になっても日本の立場に変化はほとんどない状況」とし「韓日関係の改善のために政府が直接動くよりも民間委員会などに懸案解決案を委託した後、その決定に基づく形式が効果的かもしれない」と話した。

バイデン大統領のアジア訪問をきっかけに米国・日本・オーストラリア・インドの安保協議体「クアッド(Quad)」に対する関心も高まっている。4カ国首脳は24日に東京でクアッド首脳会議を開く予定だ。尹大統領も大統領候補時代、クアッド傘下のワクチン・気候変動・新技術ワーキンググループ(作業部会)に出席して段階的に正式加入を模索すると明らかにした。

しかし韓国とクアッドの協力強化は容易でない見通しだ。これには加盟国の積極的な協力が必要だが、日本は韓国を牽制していて、インドも中立外交を堅持しているからだ。米ホワイトハウスのサキ報道官も韓国のクアッド合流の可能性について「クアッドはクアッドのままに維持される」とし、慎重な反応を見せた。

こうした状況で21日に開催される韓米首脳会談で、バイデン大統領が尹大統領のクアッド発言にいかなる反応を見せるかに関心が集まっている。AP通信は「中国とロシアがウクライナ戦争などで協力を強化する中、周辺国も対応策の用意に苦心している」とし「クアッドも代案の一つになる可能性がある」と分析した。


https://japanese.joins.com/JArticle/291032?servcode=200§code=210

前スレ
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1652507015/
... もっと読む

↑このページのトップヘ