なんでもいいや

5chのまとめだよ。

カテゴリ: 芸スポ速報+

マスクを付けた配達員のイラスト(男性)
https://eiga.com/news/20220513/20/

庵野秀明が企画・脚本を手がけ、国民的特撮ヒーローの新たな誕生と戦いを描いた映画「シン・ウルトラマン」が5月13日、全国401館(IMAX39館含む)で封切られた。東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで初日舞台挨拶が行われ、ウルトラマンになる男・神永新二を演じた主演の斎藤工、共演する長澤まさみ、西島秀俊、有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、早見あかり、メガホンをとった樋口真嗣が出席した。

庵野氏と「シン・ゴジラ」でもタッグを組んでいる“盟友”の樋口監督は「4年前に庵野から『やってよ』と言われたのが始まり」と振り返り、「庵野の本(脚本)と寸分違わないものを作ったつもり。4年間がとりあえず形として終わる」と万感の思いを吐露。さらに「大ヒットすると(ヒット御礼舞台挨拶の)呼び出しもかかるので、そういうことを期待しつつ、いろんな仕掛けがあるので、2度、3度と見てほしい」とアピールする場面も。舞台挨拶では、庵野氏の名前が“総監修”としてクレジットされていることも明らかになった。

主演の斎藤は同日朝、自ら劇場に足を運び、本作を改めて鑑賞したといい「ちょっと遅刻してしまったんですが(笑)、客観的に見るつもりが、いいように引きずり込まれた」と興奮しきり。「分断、分裂、対立、孤立の時代に加速しているなか、円谷(英二)さんがシリーズにこめた、他者を思いやる原初的な優しさや愛、命の尊さといった思いのバトンが、子どもたちへの未来の希望になることを祈っています」と切なる願いを語っていた。

「禍威獣(カイジュウ)」と呼ばれる謎の巨大生物に立ち向かう「禍特対(カトクタイ)」の隊員であるキャスト陣も、本作の封切りに感無量の面持ち。分析官の浅見弘子を演じた長澤は、ウルトラマンの手に乗るシーンについて「撮影はグリーンバックなので、ちゃんと乗れているのかなと想像しながら演じた」と回想。西島は禍特対の班長・田村君男を演じ「そりゃ、うらやましいです。僕もウルトラマンになりたかった」と変身願望を明かした。

全文はソースをご覧ください

https://eiga.k-img.com/images/buzz/96576/bd859df9faa2887f/640.jpg
https://eiga.k-img.com/images/buzz/96576/34c0697f3f6aed9e/640.jpg
https://eiga.k-img.com/images/buzz/96576/4673e2ad405a5b8a/640.jpg
... もっと読む

ヘリコプターの誘導のイラスト
明石家さんま(66)が14日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演。11日に急死したお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵さん(享年61)を、厳しくも愛情を込めた言葉で悼んだ。

 さんまは上島さんの訃報に「今週は我々お笑いの人間はね、受け止められないことが起こってしまったんで。ただまあ、受け止めてあげなきゃ竜兵がかわいそうやからな。受け止めてあげなしゃあないんやけれども」とポツリ。

 ダチョウ倶楽部との仕事現場での恒例のあいさつや、ゲストに来てくれた上島さんのエピソードを笑いを交え振り返ったさんま。一番の思い出は、六本木の街で酔っ払った上島さんが、客引きの外国人と「OK?」「NO?」「OK?」「NO?」といったやりとりするところを後ろでずっと聞いていて、その後、思いっきり頭をはたき「うわっ!師匠~」と驚く上島さんに「はよ、帰れ!」とツッコんだことだと語った。

 「ずっと竜兵の話をするわけにもいかんし」と早めにオープニングを始めたと語ったさんまは最後に「ただ本当に好きな芸人、後輩でね。好きな芸人の男が一番嫌いな死に方をしたから、ちょっと腹が立っているというのが事実です」と本音を吐露。無念の思いをにじませ、通常の番組コールを行った。

スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/d6e5e0f2be114361b549cf52d4532dff2477d30e


前スレ
【芸能】さんま 上島竜兵さん急死に「一番嫌いな死に方をしたからね、ちょっとね、腹立っている」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1652536045/
... もっと読む

「ドローン禁止」のマーク
有吉弘行「イジリ芸」見直しか…上島竜兵に「志村けんさん呼んでる」三浦春馬へ「寿命短そう」
2022.05.11
https://the-audience-news.com/archives/6632

 お笑いトリオ・ダチョウ俱楽部の上島竜兵さんが11日、急逝した。

 家族が11日の午前0時頃、首を吊った状態の上島さんを発見し救急搬送。午前1時頃に死亡が確認されたという。
 
 関係者の話によると、自殺と見られているとのこと。
 
 「66歳で渡辺裕之さんが3日にこの世を去ったばかり。
 
 このタイミングでの61歳の上島竜兵さんの急逝に、還暦を超えた年代の方々に対する心のケアについて訴える声が多くなっています。
 
 また、上島さんがどん底状態だったときも可愛がり続け、見事に大復活を遂げ、今やテレビの顔の1人となった有吉弘行さんについては、違った意味での注目が高まっています。
 
 有吉さんは今年の正月に放送されたJFN系ラジオ『SUNDAY NIGHT DREAMER』で上島さんと共演。このとき、上島さんに対し『志村けんさんが亡くなってもう1年半』としつつ『もう呼んでるんじゃないですか、志村さん。竜ちゃん寂しいよって』とコメント。
 
 これに上島さんは『いや、俺より前に(より親しくしていた、お笑いコンビ・千鳥の)大悟を呼ぶでしょ』と返答。すると、有吉さんは『でも、大悟はまだ若いからね。志村さんが“大悟、こっち来いよ”とは言わないでしょ』と食い下がり、上島さんが激怒するという場面がありました。
 
 有吉さんは一昨年7月に急逝した三浦春馬さんに対してもMCを務める番組の冒頭で『寿命短そう』とゲスト出演者に対するものとしては到底信じられない発言をしていた過去があるんです。
 
 そのため『本人は軽口のつもりでも、人の死に関するものはイジリ芸とするのはどうなんでしょうか』『今度ばかりは、誰よりも有吉自身が罪の意識に苛まれてそう』といった声が出ていますね」(メディア記者)
 
 尊敬する先輩で恩人でもある上島さんの急逝を受け、有吉さんには様々な注目が集まっているようだ。


https://www.asagei.com/212101
  上島さんは今年1月2日放送のラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN)に出演。新型コロナウイルスで亡くなった志村けんさんの話題になり、
有吉が「志村さんが亡くなってもう1年半になりますけども、志村さん寂しくて『竜ちゃん。寂しいよ』って天国で呼んでるんじゃないですか」とジョークを飛ばすと、「俺の前に(千鳥)大悟を呼ぶでしょ」と反応。
さらに「俺は尊敬してるけど、ヤダよ。もし死んだとしても、そういうので死にたくない。呼ばれて死にたくないね」とコメントし、リスナーの笑いを誘っていた。


https://i.imgur.com/OJuvojl.jpg
https://i.imgur.com/MIii4Kv.jpg
https://i.imgur.com/UgUwMwV.jpg

有吉弘行の “イジり” にダチョウ上島激高「志村さんが呼んでんじゃない?」「寂しいよって」
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3903842/
有吉弘行、志村けんの急死で上島竜兵に「だいじょうぶかぁ?」と早めにメールして返信がしばらくなかったため「悪いことしたかな、ちょっと早かったかなぁ」と反省
https://radsum.com/archives/12732
上島は芸人として死んでしまったのか?!還暦を迎えた上島竜兵のお葬式“上島葬”を開催 芸人としての真骨頂を披露!『有吉ベース』#150 「上島葬」~芸人としては死んでしまった上島竜兵のお葬式をやってみたSP~
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001135.000000084.html
上島竜兵「土田のは的確なダメ出しだけど、有吉のは人間的に傷つくんだよな。」有吉の言葉に涙
https://japan.techinsight.jp/2010/09/ariyosi_datyou1009061213.html

★1 2022/05/12(木) 10:27:02.56
前 
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1652522197/
... もっと読む

マスクを付けた薬剤師のイラスト(男性)
明石家さんま(66)が14日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演。11日に急死したお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵さん(享年61)を、厳しくも愛情を込めた言葉で悼んだ。

 さんまは上島さんの訃報に「今週は我々お笑いの人間はね、受け止められないことが起こってしまったんで。ただまあ、受け止めてあげなきゃ竜兵がかわいそうやからな。受け止めてあげなしゃあないんやけれども」とポツリ。

 ダチョウ倶楽部との仕事現場での恒例のあいさつや、ゲストに来てくれた上島さんのエピソードを笑いを交え振り返ったさんま。一番の思い出は、六本木の街で酔っ払った上島さんが、客引きの外国人と「OK?」「NO?」「OK?」「NO?」といったやりとりするところを後ろでずっと聞いていて、その後、思いっきり頭をはたき「うわっ!師匠~」と驚く上島さんに「はよ、帰れ!」とツッコんだことだと語った。

 「ずっと竜兵の話をするわけにもいかんし」と早めにオープニングを始めたと語ったさんまは最後に「ただ本当に好きな芸人、後輩でね。好きな芸人の男が一番嫌いな死に方をしたから、ちょっと腹が立っているというのが事実です」と本音を吐露。無念の思いをにじませ、通常の番組コールを行った。

スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/d6e5e0f2be114361b549cf52d4532dff2477d30e


前スレ
【芸能】さんま 上島竜兵さん急死に「一番嫌いな死に方をしたからね、ちょっとね、腹立っている」★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1652542071/
... もっと読む

ブッセのイラスト
https://www.j-cast.com/2022/05/14437180.html
2022年05月14日17時00分

実業家の堀江貴文さんが、ゴールデンウィーク(GW)期間に一斉に休暇を取ることについて苦言を呈した。

2022年5月4日に公開されたYouTubeの動画で堀江さんは、GW真っ只中のこの日、ゴルフ場に向かう途中で大渋滞に巻き込まれてしまったと嘆きつつ、「なんでなんすかね? GWにみんなで一斉に休みを取るの。いい加減にやめにして欲しいんですよね。マジで迷惑でしかない」と不満をぶちまけた。自身は「たまたまGWにゴルフしていますけど、平日もやっております」という。

堀江さんは「有給休暇制度というのが、日本の労働基準法にはございまして。労働者は等しく皆さん、一年間決められた日数を日曜日、土曜日、国民の休日以外にも取ることができます」と述べ「(有給休暇を)堂々と取っていただいていいと思いますし、『会社の雰囲気でそんなものは取れない』という会社はブラック会社なので、本当に辞めたほうがいいです。搾取されてます、あなたは」と説いた。

「『子どもの学校があるから平日休めない』と言われる方もいらっしゃいますけど、学校なんて1日、2日行かなくたって何か不具合があるわけじゃない。それを学校を休ませないなんて、『皆勤賞』なんて言っているのは昭和の時代の遺物ですよ。何の意味もないです」と言い放ち「普通に、お父さんとお母さんが有給休暇を取った日に家族全員で遊べばいいじゃないですか。そういう雰囲気を作りましょうよ。そうしないと、ピーク時に合わせてインフラっていうのは作られてないので、高速道路も鉄道もめちゃくちゃ混雑するようになっちゃうんです」と切実に訴えた。

そして、堀江さんは「GWに行楽地が混雑するというのは昭和の遺物」と斬り捨て、「みなさんぜひ、GWとかお正月とかそういったところで、一緒に休むのをもうそろそろ止めにしませんか? 時代は令和ですよ?」と呼びかけていた。

★1:2022/05/14(土) 18:17:22
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1652519842/
... もっと読む

鬼石坊主地獄のイラスト(地獄めぐり)
上島竜兵さん師匠の待つ天国へ 志村けんさんと重なる繊細さと優しさ…記者が悼む
https://news.yahoo.co.jp/articles/5a0fed437cae54263fa483184c0a22e5fcc594b1

 「やー!」「聞いてないよォ」などのギャグで人気のお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵(うえしま・りゅう
へい、本名・龍平)さんが11日未明、東京都内の自宅で倒れているのを発見され、その後、死亡が確認された。61歳だった。
 * * *

 まだハッキリと情景が目に浮かぶ。昨年3月15日。ダチョウ倶楽部の3人に、一周忌を迎えた志村けんさんへの思いを改めて聞いた。「1日に1回は思い出すよね。かみさんと話していても、3人で話しても話題にね。サツマイモを食べたら『サツマイモ嫌いだったな、あの人は』って」。肥後克広、寺門ジモンが「師匠」「志村さん」と呼んでいた一方で、上島さんは「あの人」という呼び方が多く、志村さんがいない現実と向き合うことを恐れているような気もした。時折、宙を見ながら、“キレ芸”とは真逆の優しい口調で語ってくれた。

 上島さんと志村さんはプロレスラー・川田利明さんの紹介で出会い、付き合いは20年を超えた。麻布十番や六本木で飲み歩き、仕事ではフジテレビ系「志村けんのバカ殿様」などで共演。志村さんの三鷹の自宅や東村山の実家に泊まり込む仲だった。丸2日間、3食を共に過ごしていたら、ひかる夫人から言われたという。「志村さんと結婚したら?」。それほど通じ合っていた。

 肥後が俳優業、寺門がグルメなどの仕事が増える中、上島さんは志村さんに相談したという。「趣味を作った方がいいんですかね」。返ってきた言葉は「お笑い好きなんだろ? だったらお笑いやっていけよ」。背中を押された。「一度も褒められたことがないんだけど、たまに『竜ちゃんがいてくれて良かったよ』ってこぼすんだよね。うれしかったな」

 志村さんの顔写真を自宅の部屋にある神棚に飾ろうともしたが、毎日顔を合わせることで亡くなったという事実と向き合うことになる。舞台で使った手ぬぐいを置くにとどめた。その繊細さはどこか志村さんを思い起こさせ、その優しさに多くの人が集ったのだと思う。

 「いつまでも区切りはつかない」ともつぶやいた。「永六輔さんが『人から忘れられた時に本当の死』と言っていたけど、そう考えると、みんなの中でまだまだ生きているよね」。わずか1年で、竜兵さんに対して同じ言葉を使うなど思ってもいなかった。3人のやり取りはあまりに楽しく、今もボイスレコーダーから消せずにいる。声を聞き直すと、写真撮影でハンチングをかぶり直す姿も目に浮かんだ。本当に格好良かった。せめて天国で志村さんとお酒を酌み交わせていますように。今はそう願い、祈ることしかできない。

報知新聞社
... もっと読む

↑このページのトップヘ